本当に肌にいいクレンジング探しは配合成分を見よう!

このクレンジング肌に優しい

記事投稿者:シルキーズ 新井貴信

このページでは徹底して

本当に肌にいいクレンジングとは!?

について語ってみたいと思います。

ここで言う「肌にいい」とは「肌に優しい」という意味を含んだものです。

 

このページに来られたあなた様、

もちろん「肌に優しいクレンジング、メイク落とし」を探す為、

もしくは情報収集の為に検索してこのページにたどり着かれたことと思います。

「肌に優しい」っていう言葉は理解できても、

それがどんなものなのか明確な形にしずらいし見つけるのも案外難しいものです。

また “肌にいい基準や条件” も人によって違うかもしれません。

例えば

今使っているクレンジングが肌に合わないのでそれより肌に良さそうな商品を探したい

洗浄力が強いオイルクレンジング以外でメイク落ちのよい商品が他にないか

もう少しハードルをあげて

アルコール・オイルフリーのクレンジング

さらに

合成界面活性剤が少ない・不使用

自然派・無添加のクレンジング
(無添加の定義・基準はあいまいなので何が無添加なのかを見極めることです)

W洗顔が不要なクレンジング

ヒアルロン酸、アミノ酸、セラミドなど保湿成分がたっぷり配合された商品

メイクを落とす時に肌摩擦の刺激がないクレンジング

洗顔後もツッパリ感を感じない

香料が無添加

パラベンフリー
(防腐剤が刺激になるとは都市伝説的でもありますが・・)

毛穴・皮脂腺に刺激を与えないクレンジング

このように色々調べて勉強されますと肌に優しい条件がどんどん追加されていくことと思います。

さすれば、納得のいく商品がますます見つからない!

うさん臭い、何を信用すれば?

こんな状況に陥り本当に困ってしまった!

そんな方に、本当に肌にいいクレンジングの探し方について解説したいと思います。

ネット検索

クレンジング剤による肌リスクとは

昨今、「クレンジングの洗浄力が敏感肌や乾燥肌を生む」と言われています。

落ちにくいメイクを簡単に落とすには、どうしても油分や界面活性剤の洗浄力が欠かせません。

しかしその反動で、肌の潤いやキメ、バリア機能、ターンオーバーに欠かせない天然保湿因子、細胞間脂質(セラミド)が奪われ、

だんだん肌の調子が悪くなっていくことに気づかされます。

その主犯格は『界面活性剤』です。

しかしクレンジングと界面活性剤はきって切れない関係にあり

市販されているクレンジングのほぼ全てに配合されています。

それも主成分として!

主成分とはこれから詳しく説明しますが、配合量の多いもの、具体的な数値で言えば配合率が1%以上のものです。

優しいと言われているミルクやクリームタイプでも界面活性剤が主成分であり、
ただオイルクレンジングに比べれば配合量が少ないだけのことです。

宣伝文句に惑わされないように!

肌に優しい、肌に良さそうなクレンジングを探していますと

興味をそそのるような商品説明についつい目がいき、頭の片隅にその文言が気になって残るものです。

「クレンジング後も突っ張らずしっとり感を重視」

「無添加、オーガニック成分配合のメイク落とし」

「保湿成分たっぷり配合でクレンジング後の肌を優しくいたわる」

「合成界面活性剤は不使用、だから肌にいい」

「美容プロが選んだ敏感肌用ベスト10選」

さらに説明文以外にも画像、女優さんを使ったイメージ戦略によって

「この商品は私の肌に良さそう♪」と判断して実際に使ってみると納得がいかない。

できればこんな事例は避けたいです。

また口コミ情報も自分の肌に本当にいいのか分析する必要があります。

メイクが簡単に落ち、洗浄力に優れたものが肌にいいと思っている方が大半ですので、

人によっては「肌にいい」の基準や捉え方は違いますのでご注意ください。

参考にするのは、メイク落ち度、テクスチャぐらいかと、使用感一つとっても人や肌質によってさまざまですので。

また、メーカーからモニターとして試供され口コミ投稿をする、こんな声は「肌にいい」の参考資料にはなりません。

投稿の日付が近くて多数口コミがある、この場合はたいていメーカーの協賛によるものです。
(私も30点を提供して口コミ依頼をした経緯があり、内容はほぼよい意見ばかりでした)

このように表面だけを色付けたPR戦略に惑わされることなく、中身をしっかり分析して見極めましょう。

クレンジング商品の配合成分を必ずチェック!

商品説明や画像などでどんなに肌に優しいと謳っていても、必ず配合成分は調べましょう。

例えば下記のような「肌に優しい」と謡っているクレンジング商品のがあったとします。

クレンジングの成分表示
クレンジングをはじめ化粧品類は配合しているすべての成分をパッケージもしくは化粧箱に記載しなければならい法律があります。
またこの規制にはルールがあり「配合量の多い順に記載すること」となっています。
(但し、1%未満は順不同)

一番多いのが、水、その次はグリセリン、3番目に多いのが「ジイソステアリン酸ポリグリセリル‐10」
4番目がDPG、そして5番目に「ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル」となっています。

「 」で囲った成分が界面活性剤で、記載順位は最初の方です。

つまり1%以上であり、このクレンジング商品の主成分を意味しているのです。

成分表示の3行名以降の成分は1%未満とみてまず間違いないです。

「肌に優しい」とか「肌にいい成分たっぷり」と強調していても、

配合成分表を見れば、主成分は界面活性剤が占めています。

一般ユーザーにとっては、界面活性剤の成分名を見ても、聞いたこともないのでわかりずらいとは思いますが、

今はネットで検索すればすぐわかります。

めんどくさい時は、舌をかみそうな成分名だけでも調べてください。

ほとんどが、界面活性剤か油分が主成分になっています。

また最初の方に油性の成分が多ければ、それに比例して界面活性剤も配合してありますので、油性分が分かった時点である程度判断できます。

おすすめクレンジングを紹介

こんなクレンジング商品があるのをご存じですか?

知る人ぞ知る、
『SILK(シーエルケイ)クレンジングジェル』です。

SILKクレンジングジェル

油分でもなく界面活性剤でもなく、正真正銘アミノ酸成分でメイクを落とすクレンジング商品です。

商品に印刷してあります配合成分の表示をご覧ください。

クレンジングの配合成分表示

上記でも説明しました通り、法律に沿って配合量の多い順に記載してあります。

一番多いのが水、順にグリセリン、BG、ペンチレングリコール、

そしてアルギニンとなっています。

ここまでは1%以上の配合量でこのクレンジングの主要成分です。

「グリセリン」、「BG」、「ペンチレングリコール」は大手化粧品メーカーでも化粧水やクリームの保湿成分としてよく利用されています。

敏感肌用の化粧水にも保湿剤として利用されるなど、利用頻度や実績は十分で、肌に優しい、肌にいい成分であるとある程度証明しています。

次に「アルギニン」、数あるアミノ酸の一つで、サプリメントで有名ですが化粧品では保湿成分として利用されています。

ここまでが主成分、クレンジング界の常識といわれる「界面活性剤」が入っていないのに気づかれましたでしょうか!?

そしてアルギニン以下を見ても、加水分解シルク、乳酸発酵液、褐藻エキス、さらに植物エキスが次々と続き、肌に良さそうな成分がすらり記載されています。

 

こんなに肌にいい成分ばかりでメイクが本当に落とせるの?

それがよく落ちるのです。

アミノ酸、特にアルギニンには乳化力があり、油分や界面活性剤に頼らなくてもメイクとよく馴染み、肌から引き離してくれるのです。

下記が実験の様子です。

メイク落としの実感その一 メイク落としの実験その二 メイク落としの実験その三

マットリップもファンデもきれいに落ちています。

リップやファンデをつけてすぐは、どんな洗浄力が弱いクレンジング商品でも落ちやすいので、3時間ほど放置してからメイク落ちの実験をしました。
油性のマジックでもつけてすぐは落ちやすいですよ!(余談)

根気よく探せば、必ずあなた様の肌に合ういいクレンジングに出会えると思います。

このSILKクレンジングジェル、正直あまり知られていない商品ですが、優しさにこだわっている方、5年後10年後の肌を見据えている方、

そしてクレンジングの良し悪しを十分理解していただいている方達がファンになっておられます。

本当に肌にいいクレンジングが見つからない方はぜひおすすめいたします。