シルクの歴史と今日まで伝承された理由とは!?

シルク(絹)の歴史を見る

絹織物ははるか昔の中国の王朝時代からあり、その時代の古墳などから発見されています。

蚕(かいこ)を育てる養蚕(ようさん)は、約5000年前の中国で、野生のクワコを家畜化したのが始まりとも言われています。

最初の頃は宮廷内で秘密に飼われたとも言われており、その後一般の農家が養蚕するようになっても、できた絹は全て宮廷に納められ、王族以外の着用は許されなかったと言われています。

中国が漢の時代になると、絹(シルク)の魅力が中近東をへてローマまでひろまり、貿易が始まります。

そのルートが「シルクロード(絹の道)」であり、東西文化の交流が盛んになったと言われています。

 

日本では!

日本では弥生時代の前期(紀元前200年頃)、稲作と共に渡来人によって伝えられたとされ、当時の古墳から平織りが発見されています。

その後2世紀に入り、朝鮮半島の王朝、百済(くだら)から蚕のたまごが、さらに3世紀ごろには養蚕と絹織物の技術が国内に伝わり、当時は錦(にしき)も織られていたようです。

奈良時代には全国的に養蚕が広がり、税として朝廷に納められていました。

平安時代になると織物の技術も向上し、十二単衣も登場してます。

室町時代には、中国から糸に撚り(より)をかける撚糸(ねんし)の技法が伝わり、応仁の乱後には、多くの工人(たくみ)たちが西陣(京都市上京区)に集まり、西陣織りが生まれました。

その後丹後ちりめん、長浜ちりめん、京ちりめんなどが全国各地で織られるようになったといいます。

江戸時代には品質改善に取り組み、養蚕技術・染織技術が飛躍的に発達し、大形の繭を選んで卵を採種するという「純系分離育種」のような方法が行われ、生産量も多くなったと言われています。

しかしながら絹の着用は武士以外は許さておらず、町民にはまだまだシルク(絹)の温かみや良さが体感できなかったようです。

明治時代では身分制度が改革され、身分を問わず絹織物が自由に着られる時代となりました。

また富国強兵のもと、フランス式の最新機械を取り入れた富岡製糸場が建設されるなど、本格的な機械製糸業の時代となり日本は養蚕技術の最先進国となり世界を牽引してきました。

昭和の中頃まではシルク=着物=日本の文化という印象がありましたが、現在ではシルクの用途は、下着や衣服、シルク配合の化粧品や健康食品として利用させています。

シルクが今日まで伝承された理由

人は本物志向を持っています。

艶やかな光沢、さらさらと快く肌に優しいシルク生地の美しさは、昔らか世界の人々に認められていました。

「生きている糸」とかいて『生糸(きいと)』と読むようにシルクは文字通り【自然の繊維】です。

現在、色々な化学繊維・人工繊維がつくられていますが美容や健康面でシルク以上の質を超えたものはありません。

保湿性、通気性、吸湿性、放湿性、抗菌性、紫外線の吸収そして静電気を帯電させないなどの特性があります。

例えばシルク100%の衣服を着た場合、

「冬は温かくて夏は涼しく快適に過ごせる」という快適さがありクールビズとして最高の素材です。

シルクは肌への健康的サポートにとても優れた自然素材なのです。

 

こんな昔話もあります。

紫式部が皮膚病に悩まなかった!

紫式部の皮膚病について「ホントかな?」と思われるでしょうが、実はそれなりの裏付けや理由があります。

日本で登場する歴史上の人物で、“皮膚病”にかかったという文献が見られません。
聖徳太子や小野小町、そして紫式部といった人たちは、「健康な肌」を持っていたようです。

当時上流階級の人は、全て着る物がシルクづくめであったからでしょうか!?

それに比べ、西洋の歴史上の有名人は皮膚病に苦しめられていたようです。
あのナポレオンなどは晩年、疥癬(かいせん)にかかってでっぱったお腹をかきむしっていたそうです。

昔の人は、「シルクは健康繊維」ということを生活の知恵として十分理解しており、そのことが今日まで伝承されてきた理由です。

関連ページ

シルクの魅力、「綺麗」の語源はシルクの美しさを指す!

シルクアミノ酸のスキンケア効果を探る!