シルクアミノ酸のスキンケア効果を探る!

シルク生糸の生産工場である富岡製糸場をはじめ、製糸工場で働く人々の手は、水仕事にも関わらず、手は白くスベスベで綺麗であったと言われています。

それは何故でしょうか?

それは繭糸(シルク)から溶け出したセリシンというアミノ酸にありました。

シルクの断面図

シルクは2つのタンパク質から構成されています。

糸の表面を覆っているのが「セリシン」で内部にある三角形が「フィブロイン」というタンパク質。

構成比率は
セリシン:25%
フィブロイン:75%

セリシンは糊状(にわか質)のようなタンパク質で水に溶けやすい性質、2本の「フィブロイン」を接着して1本の絹糸にしてます。

一方の「フィブロイン」は三角形の形を成しており、絹独特の美しい光沢とやわらかさを演出します。

 

この2つのタンパク質は18種類のアミノ酸で構成され、シルク(絹)は『アミノ酸の宝庫』なのです。

またシルクを構成する多くのアミノ酸は、肌を構成しているアミノ酸に似ているので安全性も高くスキンケアの天然素材として利用されているのです。

特にセリシンは、角質層内にある天然保湿因子とよく似た成分が豊富に含まれ、保湿機能を十二分に発揮します。

保湿成分として知られている「コラーゲン」よりも保湿機能が長時間持続したり、ターンオーバーの代謝にも関与して促進させる、抗酸化作用や美白効果もある、これがシルクなのです。

このような素晴らしい働きがあったからこそ、製糸工場で働く人の手を綺麗にしていったのです。

シルクアミノ酸の美容・スキンケア効果

ではシルクを構成している18種類のアミノ酸、どんなスキンケアや健康に役立つ効果があるのでしょうか?
ひとつひとつ見ていきましょう。
( )内は組成率

1、アラニン(28.12)
肌の水分保持やコラーゲン合成に働きかけます。
栄養面では脂肪の燃焼に関わっています。

2、グリシン(37.15)
角質層作りに利用されるアミノ酸で肌のキメを左右すると言われれます。また肌の水分保持やコラーゲン合成に働きかけます。 保湿作用、静菌作用、酸化防止作用があります。
栄養面ではコレステロール低下作用があります。

3、チロシン(10.24)
肌の保湿成分。
栄養面では成長ホルモンやメラニンの元なります。不足すると代謝の衰えや低体温にもなります。

4、セリン(12.76)
肌のターンオーバーを促進するエネルギー源、皮膚の潤いを保つセラミドの原料となり、その合成に働きかけます。
栄養面では脳細胞を構成する神経細胞の原料となります。

5、アスパラギン酸(1.50)
ターンオーバーを促進し、肌の再生に働きかけます。
栄養面では水化物を筋肉エネルギーに変化する過程を補助する働きがあり、体内の老廃物の処理、疲労回復、肝機能の促進に効果があります。

6、アルギニン(0.78)
くすみの改善やコラーゲンの形成で肌をうるおし、ターンオーバーを促進、そして肌老化の原因である抗酸化作用の働きもあります。
SILKクレンジングジェルでは洗浄機能を担ってます。
栄養面ではインシュリン、成長ホルモンの分泌を補助します。

7、グルタミン酸(1.51)
ターンオーバーを促進し、肌の再生に役立ちます。
栄養面では知能を高めたり他のアミノ酸の合成・分解に重要な役割を果たします。

8、ヒスチジン(0.28)
ターンオーバーの促進、肌の潤い、血行を促進し肌色改善、抗酸化作用がありエイジング等の働きがあります。
栄養面では成長に関与、神経機能の補助します。

9、リジン(0.39)
ターンオーバーの促進と潤いコラーゲンの形成に関与します。
栄養面では体の組織の修復や成長、脂肪の燃焼に関わっています。アミノ酸サプリメントとしてヘルペスの予防にも利用されています。

10、バリン(2.63)
ターンオーバーの促進と再生に関与します。
栄養面では筋肉タンパク質の主成分。脳の神経伝達物質に関与します。

11、ロイシン(0.59)
皮膚細胞のエネルギー源となり、ターンオーバーの促進、潤い保持やコラーゲン生成などの作用があります。
栄養面では肝臓機能を補助します。

12、イソロイシン(0.76)
ターンオーバーの促進、潤いキープやコラーゲン生成などの作用があります。
栄養面では筋肉のエネルギー源として用いられます。

13、フェニルアラニン(1.00)
ターンオーバーの促進に関与します。
栄養面では脳と神経細胞の間で信号を伝達する、神経伝達物質になる必須アミノ酸です。

14、プロリン(0.55)
肌の潤い機能やコラーゲン生成に働きかけます。
栄養面では脂肪の燃焼に関わり筋肉のエネルギー源としても用いられています。

15、トレオニン(1.31)
このアミノ酸は、肌の保湿成分となります。
栄養面では肝臓への脂肪蓄積を予防する働きが有り、酵素の活性部位などを形成するのに必要です。

16、メチオニン(0.09)
コラーゲンの合成に関与、また抗酸化作用がありエイジング対策となります。
栄養面では血液中のコレステロール値を下げたり、活性酸素を取り除いたりする作用があります。組織再生にも関与しています。

17、シスチン (0.03)
肌の潤い、そして抗酸化作用の働きがあります。
栄養面では皮膚や髪の合成や、免疫系に関与し、体の抗酸化作用を助け、白血球の活性を高めます。

18、トリプトファン(0.31)
ターンオーバーの促進や肌の潤いに働きかけます。
栄養面では発育・成長・体重保持などの必須成分で、成長ホルモンの分泌を促します。

 

以上、各アミノ酸の特長を簡単に説明しましたが、重要なのはそれぞれのアミノ酸は協力しあって各々の働きをなしているという点です。

これは自然界の法則でもあります。

具体的にみれば社会全体、もう少し小さく見ればある会社、もっと小さな単体をみれば家族。

みなそれぞれの役割があり、そして協力や連係をしあっているからこそ成り立っているのです。

 

関連ページ

シルクの魅力、「綺麗」の語源はシルクの美しさを指す!

シルクの歴史と今日まで伝承された理由とは!?