一日で乾燥肌を治す方法ってあるの?

今回のテーマは、「一日で乾燥肌の治す方法ってあるの?」について。

結論から申し上げて、肌質を一日で治すことはできません

 

理屈上、肌の生れ変りが28日とみれば最低でも一ヶ月以上は必要です。

肌のターンオーバー解説図

この期間は肌に何も刺激を与えず、最適な環境を続けた場合の話しです。

現実的には、紫外線、お化粧、ほこり、酸化、摩擦、静電気、乾燥など何らかの刺激があるので、もっと時間を要します。

 

乾燥肌を治すため、パックやクリームなどで『保湿』を補うことに専念されていることと思いますが、この方法に頼り過ぎるのは危険です。

保湿力の高いクリーム類にはオイル系が配合されています。

エモリエント効果も高く潤った感覚にさせますが、使い続ければ続けるほど古い角質が貯まりやすい肌質にします。

使いこなしたフライパンのように。

これと同じことが肌表面で起こっています。

油分がジワジワ角質層の2.3層に浸透、と当時に酸化もしている、この状況を何年も続けていると、角質層はだんだん硬くなり剥がれにくい、ターンオーバーが慢性的に乱れた状態になります。

肌がくすんでいる、毛穴の黒ずみや開きが気になる、化粧水の浸透が悪い、こんな時は要注意です。

 

だったらクリームをやめればいいの?

いいえ、そうではありません。

急に止めると恒常性によりもっと肌荒れがひどくなりますので、絶対におやめください。

クリームや乳液を使いながら、肌質を改善させるスキンケアを同時進行して乾燥肌を治していけばいいのです。

ではこれから具体的な方法を説明します。

皮脂腺が弱っている乾燥肌

皮脂の分泌が弱って天然クリームが作られず乾燥しやすい肌質。

加齢や体質そして誤ったスキンケアが原因、このケースは正直なかなか治りにくいです。

だからといってこのまま何もしないとますます乾燥肌がひどくなるばかりか、保湿力の高いクリームの使用量が増えたり、肌のバリア機能が弱って思わぬ肌トラブルに見舞われるかもしれません。アレルギーや痒みなど。

皮脂腺を守るスキンケアをしよう

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料は、毛穴の汚れがとれるかもしれませんが、その分皮脂腺に負担を与えています。

洗顔料系は肌に優しいものをおすすめします。特にクレンジングは優しいものを!

保湿ジェルでメイクを落とすSILKクレンジングジェル

 

シルクパウダーの活用法

シルクパウダーを下地に利用する方法もあります。

油分が多い下地やファンデ、直接肌につける前に、シルクパウダーを毛穴に入れて少しでもブロックすると、皮脂腺への負担が軽減できます。

シルクは綿以上に吸収作用があるので、角栓予防や毛穴の汚れがとれやすく一石二鳥です。

またクリームの前にシルクパウダーをつけるスキンケアも同じような期待がありますのでおすすめです。

おすすめのシルクパウダー

 

内面からの対策も忘れずに!

皮脂分泌を促す生活習慣を心がけましょう。

  • 食事ではビタミンAの摂取を意識しながらバランスのよい食事を!

ビタミンAを豊富に含む食材。
レバー、うなぎ、人参、かぼちゃ、春菊、ほうれんそう、にら、小松菜ほか。

  • 適度な運動をする

新陳代謝や血行をよくするには、やはり適度な運動が一番です。
30分の早歩きや15分程度のストレッチ、汗がジワーッとでてきたらOKです。

自分に合った運動、無理せず続けらる運動を見つけてください。

角質内の水分保持能力が弱った乾燥肌

肌の一番上の部分を「角質層」と呼びますが、これは死滅した細胞が約20層ほど重なってできた層でその薄さは0.02㎜、ラップぐらいの薄さ!

こんな薄い層内に、「天然保湿因子」と「細胞間脂質」という保湿成分があることで水分が保たれています。

天然保湿因子とセラミド

その水分量は20%~30%と言われ、この数値が維持できれば肌が乾燥している感覚はないはずです。

しかし色々な原因で「天然保湿因子」や「細胞間脂質」が減少します。

例えば洗顔後、だから洗顔した後は化粧水を必ずつけますよね!

 

それでも乾燥肌が進行するのは何故でしょう?

それは化粧水の中身にあり!

洗顔後の緊張している肌を一時的に解消させる化粧水ではダメなんです。

先ほども言いましたが、角質内にある保湿成分は、「天然保湿因子」と「細胞間脂質」です。

この成分を補うか、もしくは近い成分を補うことで初めて肌はホッと安心するんです。

化粧水選びは、これらの成分が配合されたものがおすすめです。

アミノ酸、天然保湿因子成分が補える「素肌ローション」

細胞間脂質に近い天然セラミド配合の「保湿ローション」

角質が分厚くなった乾燥肌

あらゆる外敵から肌を守っている角質層、防御システムを維持する為に古い角質が沢山つくられます。

色々な外敵から肌を守る

肌のターンオーバーが整っていれば、役割を終えた角質は自然に剥がれおちていくのですが、なぜか剥がれず貯まってしまいます。

お手入れのやり過ぎ、保湿のやり過ぎ、洗い過ぎ、体調の乱れなどが原因です。

 

古い角質が残ってしまうと角質肥厚を起し、肌表面はカサカサになります。

化粧水の浸透性が悪くなるだけでなく、ターンオーバーも乱します。

ターンオーバーの乱れは、乾燥肌をさらに助長されることでもあるのです。

角質内にある「天然保湿因子」や「細胞間脂質」は、整ったターンオーバーによって生成されるからです。

乱れた新陳代謝では自ら保湿成分を作ることがきない!

 

ターンオーバーを促進させるにはピーリングがいいと聞きますが、これもリスクありです。

無理やり剥がすスキンケアは肌を刺激しているのと同じ。

特に慢性的な乾燥肌は、かさぶたと同じように必要以上にボロッと角質が剥がれる危険性があります。

 

理想は、その日にできた不要な角質だけをとる洗顔を毎日して、決して古い角質を残さない、常にターンオーバーを整えるスキンケアを心がけましょう。

ターンオーバーを整える化粧品とは

 

まとめ

保湿成分をたっぷり補えば乾燥肌は治ると思っている方は多いことでしょう。

でもお手入れのやり過ぎは、かえってマイナスになることに気づいていただきたいのです。

  1. 皮脂腺に刺激を与えないスキンケア
  2. 角質内にある保湿成分を補う
  3. ターンオーバーを整えるスキンケア

これが乾燥肌を治す方法です。

一日では治りませんのでこつこつ丁寧に、気持ちを込めてスキンケアを続けましょう。

 

初めての方、一度限りの特別セット