鼻の毛穴の黒ずみが取れない時は湯船クレンジングを!

毛穴の黒ずみがぜんぜん取れない!

今回は「頑固な鼻の毛穴黒ずみが取れない時の対処法」について書きます。

クレンジング商品や洗顔料のPRサイトを見ると

  • 毛穴汚れもスッキリオフ
  • 毛穴の黒ずみも簡単落ち
  • 毛穴ごっそりキレイ

「毛穴」という二文字をいれた宣伝文句、キャッチフレーズが目につきます。

また、鼻の部分を写したBefore(使用前)after(使用後)の比較写真があったり、

下記のようなイメージ画像でいかにも簡単に毛穴の汚れ、角栓がとれるようなイメージ戦略を見かけることもあります。

角栓が取れるイメージ

それでも毛穴の黒ずみが取れないと悩む人は絶えません!特に頑固な小鼻部分が!

メイク落としや洗顔方法が間違っているのでしょうか?

商品そのものに毛穴ケアの効果がないのでしょうか?

それ以上にあなたの肌の毛穴黒ずみが頑固なのでしょうか?

 

いったい毛穴の黒ずみが思うように取れないのは何故でしょう。

その原因と対策を見ながら、

後半では私がおすすめする対処法「湯舟クレンジング」を紹介してます。

毛穴の黒ずみは何故できる!?

毛穴の黒ずみの正体、それは毛穴の中にある「角栓(かくせん)」というかたまりです。

つまり栓ですね。

この角栓、古い角質と皮脂が混ざり合ったもので約7割は古い角質で占めていると言われています。

毛穴が黒く見えるのは、穴の影や角栓の頭部が酸化している場合、メラミン色素の場合、そして毛の場合もあります。

毛穴の影は開いていると目立ちますし、メラミン色素の残留はシミのようなもの、どちらも普通のスキンケアでは黒ずみを取るのは難しいと思います。

では角栓による毛穴の黒ずみ、
毎日きちんとクレンジングを使って丁寧にメイクを落とし、洗顔料を使って優しく泡洗顔しているに角栓が取れないのは何故でしょうか?

考えられることがいくつかあります。

 

角栓の7割をしめている角質ゴミを沢山作っている!

肌は毎日一定のリズムで生まれ変わっています。

スキンケア界では、このサイクルを「お肌のターンオーバー」と言って、役目を終えた古い角質は垢となって自然に剥がれ落ち、新たな角質細胞ができるようになっています。

しかしこのサイクルが乱れると、役割を終えた古い角質が剥がれずそのまま残ってしまったり、

洗顔の仕方が間違っている、例えば強くこすってゴシゴシ洗顔をしたりクレンジング中の摩擦刺激を繰り返していると

角質ゴミが沢山つくられ、毛穴に古い角質が溜まりやすくなります

また気づいてない習慣として  “洗いすぎ” があります。

洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料をつかっていることが当たり前になっている今のスキンケア生活。

肌表面はいわば防御の最前線で角質層はその役目を担っています。

しかし、洗浄力の強いもので洗顔をすればするほど防御の最前線は混乱し乱れてしまいます。

この状況を解消するため、肌は本能的にどんどん角質を作り強化しようとします。

過剰に生産された角質は必然と角質ゴミとなり、結果的に毛穴の黒ずみ原因を作っていることになるのです。

 

皮脂腺を刺激している!

角栓ができやすい原因として皮脂の異常分泌があります。

なぜ皮脂が過剰に分泌されるのでしょうか?

食生活、ストレスも関係あるでしょうが毎日のスキンケアはどうでしょうか。

毎日お化粧をしている方、メイクは油性です。

この油分が皮脂腺に刺激を与えるこも考えられますし、洗いすぎから皮脂腺を刺激している場合もあります。

毛穴パックなどで角栓を摂る、指で無理やり押し出すなどを繰り返す、これも肌や皮脂腺に刺激を与えているようなもの。

こうした対処法は毛穴そのものを広げてしまい、自ら角栓が貯まりやすい毛穴環境を作っているのです。

 

毎日新たな角栓の種が増えている!

最後に毛穴の黒ずみの元、角栓ができる原因は古い角質と皮脂の分泌以外にも毎日メイクをしている限り、毛穴にメイクが入り込み、洗顔をせっせとしても追いつかない場合が考えられます。

 

  1. 古い角質
  2. 皮脂分泌
  3. 角栓ができやすい

この3つの条件が整っている個所、それが鼻の部分です。

毛穴対策のスキンケア

できてしまった毛穴の角栓をどうにかして取るという考え方よりも、毛穴の機能をスムーズにするケアに視点や意識を変えることが重要です。

毛穴は皮膚を守る為に存在しています。

毛穴から分泌される皮脂は肌を乾燥から守ったり、雑菌の繁殖を抑えたりして防衛力を維持しています。

それと忘れてならないのが、肌は排泄機能を担っているということ。

つまり不要なものを外へ放出する、垢や汗もそうですが毛穴も皮脂を分泌することで汚れを外へ出す排泄機能の一部で、これは肌や毛穴に備わった自然浄化機能とも言えます。

そこで毛穴の黒ずみを解消させるためには、

  1. 浄化機能を損なわないスキンケア
  2. 浄化機能を手助けするスキンケア

これが近道であり、肌、毛穴、そして皮脂腺にも優しい対処法となります。

 

では具体的にどんなスキンケアをすればいいのでしょうか。

まずは毎日できる不要な角質の処理です。

中途半端な洗顔は不要な角質が残留しやすいです。

かといって洗いすぎればバリア機能が乱れ、結果的に不要な角質がどんどん作られます。

適切な洗顔とは、その日できた不要な角質のみを綺麗に取り去ること、

つまり剥がれそうで剥がれない角質のみをとり、

必要な角質は取らない洗顔を心がけること、これが大事です。

角質ケア洗顔が強すぎると必要な角質も削り取られ、

その副作用で必要以上に角質が作られますので、

不要な角質だけをとる繊細な洗顔が求められます。

このシルクパウダー入り素肌ソープならそれが可能です。

この洗顔方法で角栓の70%を占める角質ゴミをできるだけ作らないようにします。

これはターンオーバーを整えるスキンケア洗顔でもあります。

 

クレンジング剤も検討しましょう。

一般的なクレンジング商品は、油性分と界面活性剤で構成され、洗浄力が強い設定になっています。

洗浄力があるからこそ毛穴の黒ずみも取れそうなイメージも沸く訳ですが、実際は取れない。

だから悩んでいる方が多いのです。

私は油分の分子が大きく角栓に浸透しにくいのではと見ています。

また角質ゴミが油分をブロックしているかもしれません。

油分ってお肌につけても浸透せずべたつき感がのこりますよね。

これは油分の分子が大きいからです。

 

そこでおすすめしたいのがアミノ酸クレンジングです。

アミノ酸は油分より分子が細かく浸透力が高いので角栓にも浸透し取れやすい状況を作ってくれます。

化粧水の保湿成分としてもよく利用されるアミノ酸、肌に近い成分でもありなじみもよくどんどん浸透して肌を柔らかくする効果があります。

角栓の約7割が古い角質、つまりタンパク質です。

タンパク質はアミン酸の集合体ですから、アミノ酸で洗浄した方が合理的。

さらにアミノ酸なら皮脂腺に刺激を与えませんので、異常な皮脂分泌の原因にもなりませんし、毛穴の自然浄化機能を損なうこともありません。

しかも洗いすぎを防ぎお肌にも優しいです。

 

湯舟クレンジングをおすすめします!

湯船につかっている

アミノ酸クレンジングジェルは、アルコール・オイルは無添加、洗浄剤もなし、配合成分の98%以上が保湿成分からなるメイク落とし商品です。

配合成分のほとんどが化粧水などでよく使われる保湿成分からできているジェルです。

こんな商品内容ですので湯船につかりながらジェルパックができるのです。

毛穴の汚れ、黒ずみが気になる鼻の部分を指の腹で優しくクルクルしてからそのまま放置。

後は湯船につかって5.6分のリラックスタイムをすごし、それから通常のメイク落としをします。

もしくはある程度湯船につかって体をあたため、毛穴が開いてからクレンジングパックをしてもいいです。

角栓にアミノ酸がジワジワ浸透、頑固な角栓を柔らかくして取れやすい状況を作ります。

頑固な毛穴汚れの場合は、これを継続してみてください。

絶対に強く擦ってのゴシゴシ洗顔はされませんように注意してください。

 

洗顔後の保湿ケアについて。

できれば肌内に存在している天然保湿因子に近い成分、そして細胞間脂質に近い成分を補いましょう。

具体的にはアミノ酸であったり天然セラミド、これらの成分補給をおすすめします。

過剰な保湿はかえってターンオーバーを乱し角質ゴミを作ったり、角栓の原料になる場合もあります。

食事でいうなら肌八分目程度の保湿ケアが一番よいかもしれません。

肌がベタベタせず尚且つツッパリ感も気にならないのが理想的で、

「肌の調子がいい」と実感している時が一番です!

 

それともう一つ、スペシャルケアをご紹介。

黒ずみの原因は角栓や皮脂の酸化、この酸化を抑えるのがシルクです。

ナイトパウダーや下地などに活用して少しでも酸化を抑えましょう。

もし毛穴パックをして角栓がゴソっととれた時は、その後のケアとしてシルクパウダーをつけてみてはいかがでしょう。

酸化を抑えるだけでなく、新しい角栓ができたとしても少しでも取れやすい状況を作ることができます。

それとビタミンCの補給もおすすめ!

開いた毛穴を引き締めたり、黒ずみの原因である酸化を抑える効果がビタミンCにはあります。
気になる箇所だけつければOKです。

 

以上、簡単に毛穴の汚れ、黒ずみが取れない時のスキンケアを説明しましたが

これらのコンセプトを取り入れた基礎化粧品がここにあります。

特別価格セットのキャンペーンを実施中です。

一度ご覧くださいませ。

初めての方、一度限りの特別セット