セラミドの化粧水より天然保湿因子の化粧水の方が重要

セラミドより天然保湿因子

乾燥肌や敏感肌対策をネットで調べてみると、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンという成分が目だって、「これらの成分を補えば治る」的なことが書いてありますが、セラミド入りの化粧水を補って治りましたか?

治ったならこのページに来られていませんよね!

確かにセラミドとかヒアルロン酸は保湿力が高いです。

さらにセラミドは保湿だけでなく肌のバリア機能を高める働きがあります。
(正確にいうならセラミドではなく細胞間脂質ですが・・・)

でも乾燥肌や敏感肌にはもっと大切な保湿成分があるのです。

それは

『天然保湿因子』

です。

それでは『天然保湿因子』がなぜ必要なのか説明します。

一つ一つの角質細胞の形を整っている

肌表面は角質層という層で覆われ、一つ一つの角質細胞が綺麗に重なりあってキメを整えたりバリア機能を維持しています。

形が整った角質細胞

この角質細胞、核を持たない死滅した細胞、ですから自力で水分を保持することができません。

でも大丈夫、角質細胞の中には天然保湿因子(てんねんほしついんし)という水分を貯える保湿成分があるので、潤いを保ちつつ形の整った角質細胞が形成されているのです。

角質層の部位別に存在する保湿因子

 

もし、天然保湿因子が不足したらどうなる!?

角質細胞内の水分は低下し整った長方形がだんだん歪んだ形になります。

歪んだブロック(角質細胞)を積み上げても隙間だらけ、水分は逃げるし細胞間脂質も放出されます。

こんな角質層じゃあー、乾燥肌や敏感肌になるのも当然ですよね!

どんなに化粧水でセラミドを補ったとしても直ぐに奪われてしまう!

だから乾燥肌や敏感肌が治らないのです!

角質細胞一つ一つを修復させ形の整った長方形にしない限り、セラミドを補っても意味がないのです。

形の整った角質細胞にするには天然保湿因子が欠かせないことだけは理解してください。

天然保湿因子は簡単に奪われる

天然保湿因子の主成分はアミノ酸です。水溶性の保湿成分なので水で洗顔しても簡単に奪われます。

下記のグラフは花王研究所による実験データーですが、水でも天然保湿因子やセラミド(細胞間脂質)が奪われていることが読み取れます。

天然保湿因子(NMF)溶出量 セラミド(細胞間脂質)溶出量

で、このグラフで注視していただきたいのは奪われた量、数値に注目してください。

その数値をよーく見ると単位がぜんぜん違います。

水で比較した場合、

天然保湿因子は 約30nmol/c㎡ 

セラミドは 約0.2nmol/c㎡ 

 

つまり、セラミドが1単位奪われるに対し、その150倍の天然保湿因子が奪われている計算になる訳です。

「クレンジングや洗顔料で保湿成分が奪われる」って言われてますが、沢山奪われているのは天然保湿因子なんです。

それもセラミドの150倍も奪われているんですよ!

奪われる量がぜんぜん違うことがグラフからお分かりいただけたと思います。

天然保湿因子があってこそのセラミド

角質内にある細胞間脂質(セラミド)はターンオーバーの過程で生産されます。

その原料となるのが天然保湿因子の主成分であるアミノ酸なんです。

特にセリンというアミノ酸は重要で、この成分が減ると自己生産力が低下するとも言われています。

天然保湿因子がなければセラミドも減る。

天然保湿因子が豊富にあればセラミドも増える。

こういった相互関係が成り立っているのです。

乾燥肌、敏感肌を根本から治すには

今まで天然保湿因子の重要性を説明してきました。

ご理解いただけましたでしょうか?

では角質細胞内に天然保湿因子を常時満たしておくにはどうすればよいでしょうか。

方法は2つあります。

一つ目、

洗顔後は天然保湿因子をたっぷり補うことです。

アミノ酸やミネラル、有機酸などを含む化粧水を使いましょう。

天然保湿因子 化粧水」で検索され自分に合いそうな化粧水をお探しください。

もしくはこちらの素肌ローションも参考にしてください。

 

2つ目、

ターンオーバーを整えることです。

角質内にある天然保湿因子やセラミド(細胞間脂質)は、規則正しいターンオーバーによって生産されます。

このターンオーバーが低下すれば必然と天然保湿因子の生産量も減ります。

天然保湿因子が減ればセラミドの生産も減り、負の連鎖となります。

ターンオーバーを整えるスキンケアとは

  1. 洗い過ぎで天然保湿因子、セラミドを極力奪わない
  2. 毎日できる不要な角質は確実にその日に処理する
  3. ターンオーバーを整える成分を補う、それは「天然保湿因子」であり「細胞間脂質」です。

 

形の整った角質細胞が積み重なってこそ肌のキメは整う。

健康な角質細胞を担っているのは『天然保湿因子』という保湿成分です。

セラミド入り化粧水を活かしたければ、天然保湿因子を角質内に満たしておく、もしくは天然保湿因子を増やすスキンケアに心がけること、これが肝要です。

最後にセラミド入り化粧水を探している方へ

ネットで検索をすれば色々な化粧水が紹介されていますが、肌にとって一番なのは自身がもっているセラミド(細胞間脂質)で、これに勝るモノはありません!

将来の肌を考えた時、セラミドを補うというよりセラミドを増やす視点に切り替えてください

この方が5年後、10年後、15年後、年を重ねるごとに

「このスキンケアが正しかった」

と実感していただけるはずです。

セラミドを増やす方法、この化粧品に注目!

2018.04.17