乾燥肌には「天然セラミドVSヒト型セラミド」どっちがおすすめ?

天然セラミドVSヒト型セラミド

「乾燥肌にはまずは保湿を!」と誰もが意識されることでしょう。

その保湿成分で大人気なにが「セラミド」です。

最近は化粧品CMでも「セラミド」という言葉がながれ、認知度もグングン上がっています。

化粧品を作る側でもセラミドは人気成分で、各社競って色々なセラミド成分が開発されている話しも聞きました。

そこで今回は、保湿の王様と言われる「セラミド」について注目してみたいと思います。

 

また以前に「天然セラミドとヒト型セラミド、どっちのセラミドが肌に良いのでしょうか?」

という質問がありました。

このお答えと理由についても後半で説明してます。

セラミドとは何?

セラミドとは角質層にある保湿成分の一つ、角質細胞と角質細胞の隙間を埋めている細胞間脂質の主成分で約50%を占めています。

細胞間脂質(セラミド)の解説図

水分をサンドイッチのように挟み込む性質があり、湿度が0%になっても角質内の水分蒸発を防ぎ、水分保持能力は最強とまで言われています。

また保湿だけでなく、埃やウィルスなどの外部刺激などの侵入を防ぐ肌のバリア機能を強化する働きも担っています。

セラミドはある肌
セラミドが豊富だと水分の蒸発を防ぎキメの整った肌が維持できる。

セラミドな減った肌
セラミドが減ると水分は蒸発、バリア機能が低下し肌は荒れる!

セラミドには複数のタイプがある

角質内にあるセラミドは一種類ではなく、それぞれ性格の違う複数のタイプがあるとも言われています。

セラミド1
水分保持能力や外部刺激を防ぐバリア機能に優れた効果を発揮します。化粧品原料としては非常に高価と言われています。

セラミド2
肌の保湿力が強くバリア機能を高める。毛髪にも多く、人間の肌に最も多く含まれており、化粧品の配合成分にもよく利用されています。

セラミド3
水分を保持、シワの抑制や減少に働きかけます。

セラミド4
角質内の脂質バリア層を形成し、保持します。

セラミド5
角質内の脂質バリア層を形成し、保持します。

セラミド6(6Ⅱ)
セラミド3と同じ働きをする他、肌のターンオーバーを正常化させます。

セラミド7
細胞の増殖分化をコントロールし、皮膚にある菌のバランスを整えます。

このように色々なタイプのセラミドが角質内に存在し、それぞれ肌の保湿や代謝、バリア機能に貢献しているのです。

化粧品用のセラミドとは

化粧品に配合されているセラミドは大きく分けると3グループ、「天然セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」があります。

天然セラミド
動物性由来のセラミドです。以前は牛からとっていましたが、ヨーロッパを発端に狂牛病が広まってからは、馬の脳や脊髄から抽出しています。
人も動物、角質層にある細胞間脂質(セラミド類)に性質が近く、保湿力とともにバリア機能の調整にもすぐれています。
化粧品の成分名は「セレブロシド」、「ビオセラミド」と表記されています。

植物性セラミド
米ぬか、小麦、大豆、トウモロコシ、コンニャクなどから抽出さらたセラミドです。
植物由来の原料で肌に優しいうえ比較的低価格のため化粧品の保湿成分としてよく利用されています。
しかしながら、天然セラミドやヒト型セラミドに比べると保湿力が落ちるとの評価もあるようです。
化粧品の成分名は「植物性セラミド」、「コメヌカスフィンゴ糖物質」、「スフィンゴ糖脂質」と表記されています。

合成セラミド
「ヒト型セラミド」とか「バイオセラミド」と言われ、酵母を利用して生成される合成セラミドです。
人の角質層にあるセラミドとほぼ同じ構造で、肌に優しく浸透力や保湿力が高いと言われいます。
セラミドと言えば、「ヒト型セラミド」をおすサイトが沢山あるのは、大手化粧品メーカーの販促力があり、それにのってブログや記事を書いているアフェリエイターが多いからです。
化粧品の成分表示には、「セラミド1」、「セラミド2」、「セラミド3」と表記されています。

また合成セラミドとして石油由来から作られた「疑似セラミド」と呼ばれるものもあります。

セラミドは減少していきます

「乾燥肌にはセラミドを!」とこぞってPRしているのは、保湿力以外にもセラミドが何らかの原因で減っていくからです。

年代別

一番の原因は加齢ですが、それ以外にも間違ったスキンケア、特にクレンジングや洗顔料による洗い過ぎ、体調不良、ストレスなどが複雑に絡みあってセラミドは減少していきます。

加齢によって減少するのは、セラミド3と6であることが最近の研究でわかっています。

「歳だから・・・」と決して諦めてはいけません。

確かにピーク時の20代に比べればセラミドの量が少ないですが、セラミドを守るスキンケアとセラミドを増やすスキンケアを心がければ、減少速度を遅らせることができ、同じ50代でもぜんぜん結果が違います。

乾燥肌には天然セラミドVSヒト型セラミド

ここまで色々とセラミドについて説明してきました。

では最後の項目、
「天然セラミドVSヒト型セラミドのどっちが乾燥肌に効く?」

 

この質問の答え

私なら間髪いれずに「天然セラミド」と応えます。

その理由を今まで説明した復習をかねながら質問形式で説明します。

Q,角質細胞と角質細胞にある成分は何でしたか?
A,「細胞間脂質」です。

Q,その細胞間脂質は全てセラミドで構成されていましたか?
A,細胞間脂質の約50%がセラミドでした。

細胞間脂質の構成成分

他に遊離脂肪酸が20%、コレステロールエチルが15%、コレステロールが10%、糖脂肪が5%となっています。

Q,セラミドは1種類でしたか?
A,いいえ、セラミドは1~7までありました。

Q,合成と天然、どちらが肌にいいですか?直感で答えてください。
A,天然です。

Q,動物性と植物性のセラミド、どちらが弱った肌に効きますか?
A、植物性は優しいイメージがありますが、弱った肌を再生するなら「動物性」です。人も動物ですから!

 

天然セラミドよりもっと最適なのが、自ら作る細胞間脂質(セラミド)です。

セラミドは体内、肌のターンオーバーによって作られますので、ターンオーバー(新陳代謝)が乱れればおのずと細胞間脂質の生産量もおちます。

セラミドを補うことも大事ですが、セラミドを作るためのスキンケアを心がけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回はセラミドについて色々と説明してきました。

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンより保湿効果が高く、各化粧品メーカー、色々なタイプのセラミドを配合しPRしています。

しかし、「セラミド」という言葉より『細胞間脂質』という成分に視点をおいていただきたいと私は思っています。

だって乾燥肌なるのは、セラミドという単体ではなく、細胞間脂質全体が減っていくのですから!

細胞間脂質に近い天然セラミドとターンオーバーを整えるスキンケアはこちら!

 

参考文献
1、化粧品成分検定 公式テキスト | CILA 化粧品成分検定協会
2、日本化粧品検定 2級・3級対策テキストコスメの教科書 小西 さやか  (著), 日本化粧品検定協会® (監修)